スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rhinogobius maculafasciatus採集!

この日からは、単独採集に突入です。
昨日までが良い成果だったので、単独は少し不安です。

そして場所は一気に台湾南部です。

未採集ヨシノボリ2種類を求めて山の方に入って行きます。

さすがに電車だけでは行けないので、バスとタクシーを使います。


どんどん山の中に入って行きます。


山の景色が、少し日本とは違うように感じます。


時々橋を渡りますが、川そのものは遥か下を流れています。
沖縄でもそうなんですが、実際現地で川に下りれるかが一番の不安要素です。


目標にしていた場所に到着しましたが、崖がきつくちょっと下りれる感じではありません。


少し移動しながら川を見て行くと、下りれそうな場所を見つけました。


早速荷物を持って川に下りて行きます。
崖とまでは言いませんが、高さがあるのでビビリながら下りていきます。



DSCF4259.jpg

採集した現地です。
海外に来たという感じの場所です。
こんなとこで採集できる事に喜びを感じます。


早速早瀬の石を蹴っていくと


いきなり来ました!


DSCF4234.jpg
DSCF4317.jpg


Rhinogobius nantaiensis
北部・中部地域に生息するR.candidianusとそっくりです。
私には正直違いが解りません。
表現はともかく、遺伝的には違いがあるのでしょうね。


この南部地域では、北部・中部地域とは遺伝的に異なる魚類が多く生息します。
何が網に入るのかドキドキします。


石を蹴っていくと、タニノボリの登場です。


DSCF4282.jpg

Sinogastromyzon nantaiensis
これも以前採集したS.puliensisと見た目は同じです。
背中の斑紋が、本種の方が頭の方にまで入っているような気もしますが、
ウ~ン?
個体差もあるしやっぱり同じかな?!
DSCF4298.jpg
DSCF4287.jpg

生息数は多く、何匹もまとまって網に入ってきます。


タニノボリを採集していると、なんか気になるヨシノボリが一緒に網に入りました。


きましたーー!



DSCF4311.jpg
DSCF4269.jpg

Rhinogobius maculafasciatus
同所に生息するもう一種のヨシノボリです。
顔が長く鰭の柄などからもはっきりと違う種だと解ります。
頬に入るオレンジ色の斑紋が、顎から胸鰭の付け根辺りまで広がっています。
何匹か採集しましたが、鰭はあまり伸びないようです。
日本には似た種類がいない全くの別種です。
前回採集した、R.rubromaculatusと同じくらいの衝撃です。


いつも思う事ですが、来てよかった!!!


続いて淵部を除いていくとカワムツが逃げて行くのが見えます。
シマドジョウ類も見えます。

Microphysogobioの姿も見えます。
採集を試みますが、底が大きな石のためすぐに隙間に逃げられてしまいます。


何匹もいるのにな~
と見ていると

あれ

あいつは

なんと長い髭の生えたやつがいます。


Gobiobotiaだぁ~


あれ採りたい!!


必至こいて採集しましたが、1匹も採集出来ずです。


もう少し採集しやすい場所はないかと探しますが、石のない場所はかなりの深みになっています。


ヨシノボリ2種類が採集できて楽しい場所なのですが、またしても心残りが・・・・。

DSCF4356.jpg

続く
スポンサーサイト
プロフィール

アヤヨシ

Author:アヤヨシ
関東地方在中の淡水魚好きのアヤヨシです。一番好きな魚はもちろんアヤヨシノボリです。
不定期ですが採集記中心に紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
日淡会
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。