スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾淡水魚採集 北部編

本日は、台湾東部に向かいます・・・?

とりあえず、東部最大の町‘花蓮’へ


ここから出発前日の夜の話しです。


花蓮へは、通常の特急列車で3時間、新型の特急で2時間かかります。
新型の特急は、先発の特急を途中駅で追い抜いて先に花蓮に着くそうです。
料金を調べたら、なんと同じ料金でしたので、迷わず早い方を選択!

メモ書きを窓口に見せると、しばらくして
「No!」

思えばこの時から、東部採集の歯車がずれてしまったような気が・・・。




DPP_0010.jpg
別の日に撮影した新型特急タロコ号です。
ネットで見たら、立ち席不可の完全座席指定の列車で、大人気で指定席がとれないそうです。
みんなが写真を撮っていたので私も便乗。
前記事の客車とはえらい違いです。



そして当日の朝

目覚ましは6時にセットしました。

したつもりでした。


ただいまの起床時刻は9時です。



ヤッチマッタ~




しかし時すでに遅し。


タイトル通り、目的地を急遽北部に変更です。


で一気に目的地へ



DPP_0003.jpg
こんな感じの川です。
さすがにここでは採集してません。




DPP_0005_20121119184717.jpg
その下流側
深みには大きなハナマガリがたくさん泳いでいます。
そして岸よりでは、小さなリザードフィッシュとハナマガリがたくさん群れています。
ハナマガリの群れの中に数匹違うのが見えます。
しかし採集できず。



その後見つけた本流の脇筋。
ここが楽園でした。



RIMG0044_20121119184713.jpg
まずはリザードフィッシュの子供。
前回の成魚より、斑紋が良く目立ちます。




RIMG0048.jpg
定番のハナマガリAcrossocheilus paradoxus
大きいのから小さいのまで、ウジャウジャいます。
一網で100匹ぐらい採れてるかもしれません。





RIMG0012_20121119184715.jpg
そしてその中に謎の魚。
後で調べたら、Onychostoma barabatulumでした。
身体が、ニジマスのような虹色に光っています。
口の感じから、コケ食なのかな?!



RIMG0031.jpg
そして,学名はZaccoではないのですが、見た目はカワムツです。
Candidiaは2種類いるのですが、こちらはCandidia barbata



RIMG0077.jpg
そして、この場所では少数派のオイカワです。
Opsariichthys evolansあるいはO.pachycephalusu
ウ~ン悩み所ですが、口が小さいからO.evolans祝初採集。



RIMG0110.jpg
シマドジョウもたくさんいます。
小さいのばかりですが。



RIMG0105.jpg
前回と一緒ですが、カンディディアヌスもたくさんいます。
まさにカワヨシノボリのようにいます。



RIMG0075_20121119184933.jpg
タニノボリもいます。
これも前回と同種です。ただ地域差なのか、この川の個体は斑紋がほとんど見えません。



RIMG0068.jpg
すいません。
お腹側からの画像はないと言っとりましたが、知らないうちに撮影しておりました。



スタートは最悪でしたが、なんとか採集を楽しめました。
そしてこの脇筋の場所、かなりお奨めです!

①まず安全!
 水深が浅く、流れも緩く、子供連れでも大丈夫です。

②コンビニがすぐ近く!
 喉が渇いてもお腹が減っても大丈夫です。

③交通アクセスが良い
 交通手段がいろいろ選べます。


DPP_0007.jpg








スポンサーサイト
プロフィール

アヤヨシ

Author:アヤヨシ
関東地方在中の淡水魚好きのアヤヨシです。一番好きな魚はもちろんアヤヨシノボリです。
不定期ですが採集記中心に紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
日淡会
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。