スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北のマングローブ林

採集は前回で終わりですが、都心近くのマングローブ林を見学したので少し



DSCF2719.jpg
沖縄のマングローブ林と違って、この場所はビルに囲まれた都会的な場所です。




DSCF2734.jpg
マングローブ林は保護区に指定されており、それなりに自然が保たれているようです。
看板の文字は読めませんが、立ち入ったり傷つけたりすると罰金〇〇〇円みたいな事は理解できました。
ちなみに結構高かったです。

川に沿って遊歩道が設置されており、マングローブの生き物達を自由に見学することができます。
ちょうど潮が引いており、たくさんのカニが見られます。



DSCF2716.jpg
DSCF2684.jpg
一番目を引くのはやっぱりシオマネキです。

種類は解りませんが、なかなかの大きさでです。
西表島でも沖縄島でも、私は見た事がないタイプです。

この後、ルリマダラシオマネキの集団も見つけたのですが、小さすぎて写真には写りませんでした。




DSCF2700.jpg
ふと水の中を見てみると、白い縞のあるハゼが目に入りました。
おそらくホシマダラハゼです。
しかも何匹も観察できます。
見えにくいですが、この中に2匹写っています。

ここで釣りしたら、ホシマダラの入れ喰いが楽しめそうですが、残念ここは保護区です。


DSCF2733.jpg




スポンサーサイト

ランヨウアオイと春の花

今日は、ダボコさんと丘陵地散策に出かけました。

あっちこっち倒木が倒れていたりと、あまり人の手が入っていない森です。
歩いていると、すぐに立派なランを見つけました。



IMG_4477.jpg
IMG_4445.jpg
春蘭です。
綺麗に花が咲いています。
地方名も多く、昔はどこの雑木林にもあったそうです。
この場所では、かなりの数が自生していました。



IMG_4464.jpg
IMG_4465.jpg
こちらも春の花、スミレも咲いています。
タチツボスミレとそっくりな白いスミレ




IMG_4487.jpg
開花はまだ咲きですが、ホトトギスの綺麗な葉っぱもあちこちに生えています。




IMG_4451.jpg
そしてこれもランの仲間。サイハイラン・・・・たぶん。




空けた場所に出ると、私好みの春の花も咲いていました。




IMG_4469.jpg



IMG_4471.jpg
カントウタンポポです。
山側にはカントウ、農地側にはセイヨウときっちり棲み分けて生えていました。
いつまで続くことやら・・・。



再び森に入ると、これまたあまり見かけない花を見つけました。



IMG_4490.jpg
ランの仲間の、たぶんキンランです。
本来は、雑木林では定番の自生ランです。
最近数が少なくなっているようで、保護しているような場所も多いようです。
この場所では沢山生えており、保護どころか雑草として刈られていました。
ある意味で、昔のままの良い環境が残っている証拠です。



そして最後に、密かに探していた物を斜面で見つけました。



IMG_4497.jpg
カンアオイの仲間、ランヨウアオイです。
カンアオイは、年毎の移動距離が小さく、固有種が何十種類もあるそうです。
ランヨウアオイは、葉に耳が付いていて、カントウカンアオイよりかっこいい気がします。



IMG_4452.jpg
森の将来を担う子
ガンバレ!

カントウカンアオイ

この日は、採集の下見でウロウロしていました。

丘陵なのか、低山なのか、解らないような山を歩いていると

園芸店で見たことのある草を見つけました。




DSCF1507.jpg
カンアオイです。



DSCF1473.jpg
探すと、近い場所にいくつかありました。
調べると、この場所にあるのはカントウカンアオイという種類みたいです。


開花期が冬だと聞いたことがあったので、根元の落ち葉をどかしてみると。


DSCF1455.jpg
お世辞にも綺麗とは言えない花がありました。
しかも、うっすらと匂いがあります。
なんか漢方薬みたいな匂いです。



DSCF1463.jpg
亀甲模様みたいなのもありました。
本当に不思議な葉をもつ植物です。
自然界でこれだけバリエーションがあると、園芸品種が出回るのも納得ですね。

台湾北部をうろちょろと

最初に、すいません。
この日の記事には、魚は出てきません



本日は、台北周辺地域を散策します。
まずは地下鉄で台北駅に向かいます。

台北駅は、普通列車が1時間に3~4本あります。
しかし、目的の場所まで向かう列車は1時間に1本だけでした。

あまり時間を気にしない旅をしていたので、台北駅でしばらく待ちぼうけです。
その間、マクドナルドへ行きました。セットで300円くらいです。
とっても安い!


列車にしばらく揺られて目的の駅へ


駅からさらに歩いて向かいます。



湖DPP_0001
そしてこれが目的の池です。
なぜここへ来たかと言うと、タイワンタナゴが生息しているのです。

泳いでいる魚を片っ端から捕まえていきます。

しかし採集できるのはグッピーやカダヤシばかり・・・。

ちょっと大きいのが網に入りますが、決まってティラピアです。


しばらく頑張りますが・・・断念。


釣り人の様子を横から覗くことにしました。
結構釣れてきます。

魚を見ると、どうもクルター系の魚のようです。
フナやコイではないところがこれまた新鮮!




次の目的地へ

今度は、台北の方へ戻ります。


老街DPP_0011
駅から降りて、こんな町並みを歩きながら川へ。
これも日本ではあまり見ない風景です。


川DPP_0003
目的の川ですが、ドブ臭がします。
本によると、ユゴイなどの魚も生息しているようなんですが・・・。

私に見えるのは、ティラピアONLYです。
それも公園のコイのように。

また移動して別の場所へ

次の場所もティラピアのみです。


都市近郊で魚を探すのは辛いです。
思っていたより、汚染されています。


DPP_0005.jpg
そんなわけで、この日の魚の写真はありません。
変わりに、イリオモテアサガオみたいな朝顔の画像を。




その後、珍しく普通の観光地をちょっと見学。


DPP_0024.jpg
「千と千尋」のモデルになったチョウフンと言う町です。


DPP_0036チョウフン
宮崎さんは、こちらの茶店で映画の構想を練られていたそうです。


そして私は、日本人観光客に台湾人と間違えられ、英語で話しかけられました。

エ~
日本語しか解らないよ。





アマガエル

RIMG1201.jpg

港の横の水溜りで、アマガエルがゲコゲコ鳴いていました。
昼はピョンピョン逃げるのに、夜は懐中電灯を照らしても逃げません。
カメラを目の前に近づけて、マクロ撮影しても逃げません。

不思議なものです
プロフィール

アヤヨシ

Author:アヤヨシ
関東地方在中の淡水魚好きのアヤヨシです。一番好きな魚はもちろんアヤヨシノボリです。
不定期ですが採集記中心に紹介していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
日淡会
検索フォーム
ランキング
にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。